都内34人感染で「東京アラート」発令 一方大阪は0人…なぜこの差がついた? 中原英臣氏「自粛解除で都民は一斉に外出」

都内34人感染で「東京アラート」発令 一方大阪は0人…なぜこの差がついた? 中原英臣氏「自粛解除で都民は一斉に外出」
都内34人感染で「東京アラート」発令 一方大阪は0人…なぜこの差がついた? 中原英臣氏「自粛解除で都民は一斉に外出」
その他の写真を見る (1/2枚)

 赤く染まったレインボーブリッジ。東京都で2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに34人報告されたことで、小池百合子知事は警戒を呼び掛ける「東京アラート」を初めて発令、日本有数の歓楽街・歌舞伎町を抱える新宿エリアを名指しして懸念を示した。一方で大阪府は1日、2日と新規感染者ゼロ。なぜこの差がついたのか。

 「新宿エリアの飲食・接客業関係者が多いという報告を受けている」と小池知事。2日までの1週間で報告された陽性者114人のうち、夜の繁華街関連は約3割の32人で、半数近くは新宿エリアだった。ガールズバーやホストクラブなどでの感染を確認。緊急事態宣言が発令されていた5月中旬の誕生日パーティーで20人以上が集まり、7人の感染者が出た。

 東北大学災害科学国際研究所の児玉栄一教授(災害感染症学)は、「緊急事態宣言の解除前に緩んでいた結果とみるのが正しい」と語る。夜の街の感染者増加について「飲酒で手洗いなど感染対策が気が緩んだり、同席者と近づいて会話することも感染リスクを高める。経済的影響はあるが、本来は極力避けてほしい」と提言する。

 人口1394万人の東京の感染状況と対照的なのが人口882万人の大阪府だ。1日に続いて新規感染者はゼロ。大阪のシンボル・通天閣は、吉村洋文知事が掲げる「大阪モデル」の基準内を示す緑色の点灯が続く。

 累計でも東京が感染者5283人、死者は306人に対し、大阪は感染者1783人で死者84人と差がついている。

 西武学園医学技術専門学校東京校校長で医学博士の中原英臣氏は、「現状では、東京は感染予防対策に失敗している。いくつものスローガンで警戒を呼びかけ、いわば都民を脅し続けてきたので、自粛が解除されれば一斉に人が出歩くのも無理はない」と解説する。

 中原氏は東西のライトアップについて「赤信号を出して警戒だけ呼び掛けても都民は慣れつつある。この先本格的な第2波に突入した場合、どうするのか。一方、大阪はデータに基づいて適切に注意喚起しており、通天閣などのライトアップも3色と分かりやすい」と違いを強調した。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから