宇宙作戦隊に沸くネット 司令官は沖田艦長?「ロマンで語る時代は終わった」と期待する意見も

イザ!
航空自衛隊「宇宙作戦隊」に授与された隊旗=18日午後、東京都新宿区(萩原悠久人)
航空自衛隊「宇宙作戦隊」に授与された隊旗=18日午後、東京都新宿区(萩原悠久人)

 航空自衛隊の「宇宙作戦隊」が18日に発足した。同日、隊旗授与式が東京都新宿区の防衛省で行われ、河野太郎防衛相は同隊を「この新領域におけるパイオニア」と位置づけ、国民から寄せられる高い期待と負託にこたえてください」と訓示した。

 同隊は自衛隊初の宇宙防衛部隊。日本の人工衛星の脅威となるデブリ(宇宙ごみ)、隕石、不審な人工衛星を地上のレーダー施設などから監視する。東京都府中市の府中基地を拠点に約20人で発足した。

 昨年8月に同隊の新設が公表されてから、ネットでは「昭和アニメ?」「宇宙戦艦ヤマトやスター・ウォーズのよう」などと名称に関心が集まっていた。同日の隊旗授与式で、青地に鷲をかたどった航空自衛隊のエンブレムが描かれた同隊の旗が公開されると「昭和特撮なネーミング好き」「一周回ってむしろ、斬新な気がしてきました」などと改めて盛り上がった。漫画原作者の七月鏡一さんが「司令官閣下が納谷悟朗(宇宙戦艦ヤマトで沖田十三艦長の声を担当した声優)の声で命令を下す」とつぶやいたように、想像力を刺激されたネットユーザーも多いようだった。

 一方、他国の「キラー衛星」に日本の人工衛星が攻撃されたら多方面に悪影響が出る恐れがあるため、「これから宇宙空間は安全保障戦略の重要な部分となるでしょう」(国際政治学者のグレンコ・アンドリー氏)、「宇宙をロマンで語る時代は終わった。(略)宇宙空間は安全保障の主戦場になりつつある」(細野豪志衆院議員)と同隊の取り組みに期待する意見もあった。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月17日OA第93話あらすじ ビタミン剤を売るビジネスに賢秀(竜星涼)は疑問を抱き…

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…