露空挺部隊、北極圏に降下 実効支配強化狙い訓練

北極圏上空の高度1万メートルから飛び出すロシア軍空挺部隊兵士=24日(ロシア国防省提供、タス=共同)
北極圏上空の高度1万メートルから飛び出すロシア軍空挺部隊兵士=24日(ロシア国防省提供、タス=共同)

 ロシア国防省は26日、軍空挺(くうてい)部隊が北極圏のロシア領の島に降下し、訓練を実施したと発表した。北極圏へのパラシュートによる集団降下は史上初としている。タス通信などが伝えた。

 ロシアは北極圏の資源開発と北極海航路の整備を国家戦略として推進している。降下訓練は、北極海をめぐる米国やカナダなどとの領有権争いを視野に、実効支配強化を狙う意図がありそうだ。

 空挺部隊は高度1万メートルの大型輸送機イリューシン76から降下し、北極圏バレンツ海にあるフランツヨシフ諸島のアレクサンドラ島に着地した。3日間島に滞在し、攻撃訓練や、北極圏の環境下で生き延び、脱出する訓練も実施した。

 ロシアは自国の天然ガス埋蔵量の8割が北極圏にあり、石油や貴金属なども豊富だと見込んで開発を急いでいる。(共同)

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も