大林宣彦監督の遺体、八重桜に見送られ自宅を後に 石田ひかりも追悼

大林宣彦監督の遺体、八重桜に見送られ自宅を後に 石田ひかりも追悼
大林宣彦監督の遺体、八重桜に見送られ自宅を後に 石田ひかりも追悼
その他の写真を見る (1/2枚)

 肺がんのため10日に死去した映画監督の大林宣彦さん(享年82)の遺体が12日午後2時半過ぎ、八重桜に見送られながら東京・世田谷区の自宅を車で後にした。近日中に家族で密葬が営まれる。

 最新作「海辺の映画館-キネマの玉手箱」の配給会社、アスミック・エースの担当者によると、助手席に長女の大林千茱萸(ちぐみ)さん、後部座席に妻の恭子さん(81)が同乗。遺体はストレッチャーに乗せられて運び込まれたとみられ、車内では恭子さんが遺体に寄り添っていたという。

 また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため「密葬は人が集まらない形で」行うとし、緊急事態宣言の期日が切れる5月7日以降の「世の中が落ち着いた頃」に、「海辺-」の公開日やお別れの会などの詳細を公表すると説明。この日午前には女優の左時枝(73)が弔問に訪れた。

 この日は、故人が手がけた映画「ふたり」(1991年)に主演した女優、石田ひかり(47)が、「わたしの大恩人」のタイトルで、インスタグラムで追悼。「監督の存在は大きすぎてまだまだ放心状態です」と悲痛な思いを吐露した。

 「鳴かず飛ばずのアイドルだった18歳のあの日 青山のスパイラルのカフェでお会いした、あの日がなければ今のわたしは間違いなくいません」としんみり。「昨年の9月にお会いしたとき『ひかりで新作を考えているからね。スケジュール空けておいてね』とおっしゃってくださいました」と明かし「もうすでにかなりつらそうなご体調でしたが 絶対に現実になりますようにと祈っていました」と振り返った。

 最後は「天国でも映画を撮り続けていてください!」と呼びかけ、「監督が導いてくださった俳優の道がんばります」とさらなる精進を誓った。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. あすの「ちむどんどん」5月26日OA第34話あらすじ 良子は金吾の求婚を受け入れるが、両家の顔合わせで…

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走