コロナ禍で絶体絶命…テレビ業界最前線リポート! 収録全滅&CM収入絶たれ…しわ寄せは制作会社に

テレビ業界全体が揺れている (写真はコラージュ)
テレビ業界全体が揺れている (写真はコラージュ)

 NHKが大河と朝ドラの収録見合わせを発表し、TBSやテレビ東京が相次いで番組収録の大規模な中止を決めるなど新型コロナウイルスがテレビに大打撃を与えている。窮地に追い込まれている現場の実態を元テレビ朝日プロデューサーで上智大学文学部新聞学科非常勤講師、鎮目博道氏が現役テレビマンとして切り込んだ。

 現在、テレビ番組はニュースなどを除きほとんど制作がストップしており、収録済みの「在庫」が切れれば、総集編や再放送だらけになる可能性が高い。

 起きている問題を「放送局」と「制作会社」に分けて報告しよう。まず放送局からすると、今年はオリンピック関連番組を数多く編成する「特別な1年」のはずだった。

 大会期間中だけでなく事前番組も含めて多くの関連特番をやる予定だったのに、オリンピック延期だ。さあ、どうしよう?と緊急の企画募集をかけようとしていたのがまさに今のタイミングだ。ところが「開いた穴」を埋めるどころか、一層穴が大きくなってしまった。なにせ番組が作れないのだ。

 ソーシャル・ディスタンス(人と人の距離を1・8メートル以上取ること)をスタジオでも保たなければならない雰囲気になってしまい「ひな壇芸人」たちを並べるスタイルのバラエティー番組は収録をすることが難しい。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. ヒカキンの20年後の姿に「登録者10億人w」「髪の毛がぁ…」とネット爆笑 「バトルフィールド 2042」トレーラー映像に登場

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判