コロナ禍で絶体絶命…テレビ業界最前線リポート! 収録全滅&CM収入絶たれ…しわ寄せは制作会社に

テレビ業界全体が揺れている (写真はコラージュ)
テレビ業界全体が揺れている (写真はコラージュ)

 NHKが大河と朝ドラの収録見合わせを発表し、TBSやテレビ東京が相次いで番組収録の大規模な中止を決めるなど新型コロナウイルスがテレビに大打撃を与えている。窮地に追い込まれている現場の実態を元テレビ朝日プロデューサーで上智大学文学部新聞学科非常勤講師、鎮目博道氏が現役テレビマンとして切り込んだ。

 現在、テレビ番組はニュースなどを除きほとんど制作がストップしており、収録済みの「在庫」が切れれば、総集編や再放送だらけになる可能性が高い。

 起きている問題を「放送局」と「制作会社」に分けて報告しよう。まず放送局からすると、今年はオリンピック関連番組を数多く編成する「特別な1年」のはずだった。

 大会期間中だけでなく事前番組も含めて多くの関連特番をやる予定だったのに、オリンピック延期だ。さあ、どうしよう?と緊急の企画募集をかけようとしていたのがまさに今のタイミングだ。ところが「開いた穴」を埋めるどころか、一層穴が大きくなってしまった。なにせ番組が作れないのだ。

 ソーシャル・ディスタンス(人と人の距離を1・8メートル以上取ること)をスタジオでも保たなければならない雰囲気になってしまい「ひな壇芸人」たちを並べるスタイルのバラエティー番組は収録をすることが難しい。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走