柔道王者リネール「今は辛抱だ」 五輪延期に言及

 柔道男子100キロ超級で五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)が31歳の誕生日を迎えた7日、同国レキップ紙に対し、新型コロナウイルスの影響による東京五輪の1年延期について「1年後でも人生が終わるわけではない。今は辛抱しなければいけない」と述べた。

 世界選手権では2007年から17年まで最重量級8連覇を誇る王者は、五輪延期への不満の声を一蹴。「全ての選手に(出場権を得る)平等な機会を与えなければいけない。今はそれができない」と理解を示した。

 現在は自宅で1日2度のトレーニングを継続。2月のグランドスラム・パリ大会で影浦心(日本中央競馬会)に敗れ、連勝記録が154で止まった。「五輪本番で起こらなくて良かった。目が覚めた。積極性を欠いていた」と吐露した。

(共同)

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故