「2人一緒」のはずの愛の南京錠7千個 引き取りは7個

「2人一緒」のはずの愛の南京錠7千個 引き取りは7個
「2人一緒」のはずの愛の南京錠7千個 引き取りは7個
その他の写真を見る (1/3枚)

 「恋人の聖地」に認定されている松山自動車道伊予灘サービスエリア(SA)で、多くのカップルが愛を誓って南京錠を取り付けた「ハートロックフェンス」が撤去され、約9カ月が過ぎた。管理する西日本高速道路は「希望者には返却する」として保存しているものの、返却件数は7件にとどまっている。

消えない愛

 松山市にある同社愛媛高速道路事務所。コンテナボックスの中には大量の南京錠が保管されている。

 「大変なときもあると思うけど 一緒ならがんばれる これからもよろしくな」

 「結婚します 一生一緒にいてください」

 「何があっても離れません 誰よりも幸せになる」

 「ずーと一緒 大大大好き」

 南京錠はさびているが、文字が消えないまま残っているものも多い。中には毎年1個ずつ同じ針金の輪に取り付け、計12個の南京錠が連なったものもあった。「2018・7・8~9 道後、内子、大洲旅行記念 大雨で大変な日でした。ずっと二人でいつも一緒」と、平成30年7月の西日本豪雨のころに取り付けたと思われる南京錠もあった。

重すぎた愛

 これら南京錠がもともと取り付けられていた同SAは愛媛県伊予市にある。瀬戸内海や道後平野を一望でき、美しくロマンチックな景観を楽しめることから、平成20年、NPO法人「地域活性化支援センター」が恋人の聖地に認定。これを受けて同社は、上下線のSAに南京錠(ハートロック)を取り付ける専用のフェンスを設置した。

 フェンスは高さ1・5メートル、横2メートル。上り線に12枚、下り線に3枚。設置以降多くの恋人たちが訪れ、取り付けられた南京錠は計約7千個にも上った。

 しかし、たくさんの南京錠が取り付けられた結果、重くなりすぎてしまった。フェンスが倒壊する恐れも出てきたため、同社は昨年6月末にフェンスを撤去したのだ。

溶ける愛

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?