ながら運転の男に実刑 スマホゲームで死亡事故

 新潟県長岡市で昨年9月、スマートフォンでゲームをしながら乗用車を運転し、歩行中の男性をはねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた丸山俊輔被告(34)の判決公判が11日、新潟地裁長岡支部で開かれた。岩田康平裁判官は懲役2年4月(求刑懲役3年6月)を言い渡した。

 岩田裁判官は判決理由で、スマホの画面を3~5秒程度見ていたと指摘。「過失の程度は重く、危険で悪質な運転」と述べ、実刑とした。弁護側は「真摯(しんし)に反省している」として執行猶予付きの判決を求めていた。

 判決によると、丸山被告は昨年9月21日夜、長岡市塚野山の国道404号で、左手に持ったスマホを見ながら運転し、近くに住むダンススクール経営内山守さん=当時(71)=をはねて死亡させた。

 内山さんの妻真理子さん(69)は閉廷後に記者会見しながら運転について「絶対になくすべきで、これからも罰則強化へ変わっていくようお願いしたい」と訴えた。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…

  5. 「殺害」も示唆 プーチン大統領の盟友が公然批判 要衝ヘルソン撤退でタブーだった批判が噴出 国内の権力闘争が激化する可能性も