「大変な人だな…」 千葉虐待死 県検証委員長が被告の印象語る 

栗原心愛さんの虐待死事件の裁判員裁判を傍聴後、取材に応じた県検証委員会の川崎二三彦委員長=6日、県庁(永田岳彦撮影)
栗原心愛さんの虐待死事件の裁判員裁判を傍聴後、取材に応じた県検証委員会の川崎二三彦委員長=6日、県庁(永田岳彦撮影)

 栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=の虐待死事件を検証した千葉県検証委員会の川崎二三彦(ふみひこ)委員長が6日、県庁で報道陣の取材に応じ、心愛さんへの傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判を傍聴して受けた印象などを語った。

 川崎委員長はこれまでの9回の公判のうち、4回を傍聴。勇一郎被告の印象について「傷害致死罪は争わないが、個々の虐待行為について争うのは珍しい。さまざまな証言も一貫して否定し、虐待を認めていないとも言える。大変な人だなと思った」と指摘した。

 専門家として、こうしたケースを理解するのが今後の課題とも語った。

 事件については「想像以上の非常に過酷な虐待で、二度と起こしてはならない」と改めて強調した。

 一方、昨年11月の報告書公表時に、裁判で新事実が出れば行うとしていた追加検証については「報告書を大きく変えなければいけないものではない」として否定的な見解を示した。

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ

  5. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」