野田虐待死、父親第9回公判詳報

死亡直前「浴室で鼻歌」

 栗原勇一郎被告(フェイスブックから)
 栗原勇一郎被告(フェイスブックから)

 千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判第9回公判が6日、千葉地裁(前田巌裁判長)であり、検察側と裁判員らによる被告人質問が行われた。主な内容は次の通り。

 【死亡前日】

 被告 心愛が死亡した前日の昨年1月23日夜、心愛がおもらししたので「なんでこんなことするの。どうするの」と聞くと、「朝まで立っている」と答えたので、朝まで立たせた。

 検察官 本当にそう言ったのか。言ったとしても、なぜ心愛さんが自ら「立っている」と言う状況まで追い込まれたのか。

 被告 言ったのは事実。そう言わないと私に怒られると思って答えたと思う。

 検察官 結局いつまで立たせたのか。妻は翌朝までと証言したが。

 被告 夜中です。

 【死亡当日】

 検察官 24日昼ごろ、浴室で心愛さんに「5秒以内に服を脱げ」と言って、ボウルに入れた水をかけた事件。そもそもなぜ、心愛さんは浴室にいたのか。いつからいたのか。

 被告 朝、心愛を起こすと、自ら浴室に行き、昼までいた。

 検察官 それでいいと思ったのか。

 被告 何回か浴室まで見に行ったが、心愛は浴槽の縁に座って、鼻歌を歌っていたので、このままでいいと思った。

 検察官 心愛さんは強い飢餓状態、ストレス状態が原因で亡くなった。亡くなる当日、浴室で腰掛けて鼻歌なんてことがあるか。

 被告 本当にあったことなのでお話しした。

 【威圧的な態度】

 検察官 小学校の先生や野田市教育委員会に対して威圧的な態度をとった。いわゆるモンスターペアレントという自覚はあるか。

 被告 心愛に起こったことを知りたいと、わらにもすがる思いで聞いたので、そういう自覚はない。

 検察官 心愛さんに起こったことは、あなたが一番分かっていたでしょう。

 被告 分からなかった。

 【30年7月の動画】

 検察官 平成30年7月10日の動画。心愛さんが「じゃあ許せよ。家族に入れろよ」と言うと、あなたは「無理」とふざけて答えた。心愛さんを家族から疎外している。

 被告 していない。

 裁判員 なぜ「無理」と言ったのか。

 被告 当時、心愛にいろいろ聞かれ、いやになってそっけなく答えてしまった。

 裁判長 何を聞かれたのか。

 被告 いろいろ話しかけてきて、イライラした。

 裁判長 子が親に話を聞いてほしいというのは普通だ。なぜうっとうしいと思ったのか。

 被告 分かりません。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」