捜査・刑事裁判への影響は限定的か 最高裁、2審の結論のみ是認

 勝又拓哉被告
 勝又拓哉被告

 栃木県今市(いまいち)市(現日光市)の小1女児殺害事件は、最高裁が被告側の上告を棄却する決定をしたことで、無期懲役とした2審東京高裁判決が確定することになった。

 犯行を裏付ける物証に乏しく、公判では捜査段階で被告が自白した供述の信用性が争点となった。2審判決は、取り調べの録音・録画(可視化)映像から犯罪事実を認定した1審判決を違法とし、検察側の立証手法を問題視した。ただ、最高裁は今回の決定で何も判断を示しておらず、捜査や刑事裁判の実務に与える影響は限定的とみられる。

 1審の法廷では、被告の取り調べ映像が7時間以上にわたって再生されたが、2審判決は訴求力の強い映像で自白供述の信用性を判断することを懸念し、実質証拠として扱う危険性を指摘した。録画映像を「立証の武器」として積極活用してきた検察側に再考を促す内容でもあり、検察関係者からは「自白を記録した映像を違法とまで言われるのは納得できない」といった異論が噴出した。

 注目された最高裁の決定はあくまで高裁の結論部分を是認したに過ぎなかった。取り調べ映像の取り扱いが大きく変わる可能性は低い。客観証拠を重視し、取り調べ映像や自白調書を使った立証とのバランスをどう図るべきか。最高裁が被告側の上告を退ける以上の判断を示さなかったのは、法曹三者が実務を積み重ねながら議論していくべき課題だからだといえる。(大竹直樹)

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大