男子フリー65キロ級五輪代表の乙黒拓が決勝進出 レスリング・アジア選手権

乙黒拓斗
乙黒拓斗

 【ニューデリー=岡野祐己】レスリングのアジア選手権第5日は22日、ニューデリーで男子フリースタイルの5階級が行われ、65キロ級東京五輪代表で2018年の世界選手権を制した乙黒拓斗(山梨学院大)は準決勝までの3試合を圧勝し、決勝に進んだ。

 79キロ級の奥井真吉(国士舘大)は準決勝で、57キロ級の高橋侑希(ALSOK)は初戦で敗れたが、ともに3位決定戦に回った。

 70キロ級の原口伸(国士舘大)と97キロ級の園田平(自衛隊)は初戦で敗退した。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」