グレコ60キロ級五輪代表、文田が貫禄のV アジア選手権

男子グレコローマン60キロ級準決勝 ウズベキスタン選手(上)を攻める文田健一郎=ニューデリー(共同)
男子グレコローマン60キロ級準決勝 ウズベキスタン選手(上)を攻める文田健一郎=ニューデリー(共同)

 【ニューデリー=岡野祐己】レスリングのアジア選手権第2日は19日、ニューデリーで男子グレコローマンスタイルの5階級が行われ、60キロ級東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)が決勝でキルギス選手を破り、3年ぶりの優勝を果たした。昨年の世界選手権王者の文田は初戦の2回戦から3試合全てを無失点で勝利した。

 67キロ級の下山田培(しもやまだ・つちか、警視庁)と72キロ級の日下尚(くさか・なお、日体大)はともに2回戦で敗れたが、敗者復活で3位決定戦に回った。

 五輪アジア予選で代表入りを目指す97キロ級の奈良勇太(警視庁)は2回戦で敗退。82キロ級の向井識起(むかい・さとき、自衛隊)は1次リーグで3戦全敗に終わった。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず