警戒されながらも無失点V レスリング世界王者・文田

 男子グレコローマン60キロ級で優勝し、歓声に応える文田健一郎=ニューデリー(共同)
 男子グレコローマン60キロ級で優勝し、歓声に応える文田健一郎=ニューデリー(共同)

 【ニューデリー=岡野祐己】東京五輪で金メダルを目指す世界王者が、アジアの舞台で負けるわけにはいかない。ニューデリーで19日行われたレスリングのアジア選手権男子グレコローマンスタイル60キロ級で、東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)は決勝まで3試合とも無失点の完勝で優勝を果たした。「一貫して練習してきたスタンド(立ち技)で点は取れていないけど、パッシブ(消極的姿勢)は取られなかった」。しっかり収穫を得て、五輪での第1シードも確実にした。

 初対戦のキルギス選手との決勝。巻き投げを冷静にかわし、3点を先制。後半は防御一辺倒の相手にパッシブが課され、勝負あった。

 想定していた通り、初戦の2回戦と準決勝は腕をつかまれて頭を密着され、得意のそり投げを封じられた。決まったのは準決勝の1回だけで「悔しい」。それでも、昨年の世界選手権で威力を発揮した寝技のローリングを連発し「世界にそり投げ以外を見せて、スタンドで逃げているだけじゃ駄目だと。他の対策をさせたい」。あえて寝技で攻めたのには投げ技につなげる狙いがあった。

 寝て良し、立って良しの文田だが、観客を沸かせる豪快な投げ技にこだわるのは「グレコの最大の魅力」と考えるから。投げにさらに磨きをかけ、いよいよ東京のマットに立つ。

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた