新型肺炎、世界レスリング連合が体温測定など検討 3月の五輪アジア予選で実施も

 【ニューデリー=岡野祐己】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界レスリング連合(UWW)が選手の体温測定やマスク着用などの対策を新たに設ける方針であることが18日、UWW関係者への取材で分かった。3月に開催予定の東京五輪アジア予選で実施される可能性もある。

 UWW関係者によると、試合前の体温測定で発熱が認められた選手を試合に出場させないことやマスク着用を義務付けるといった新たな感染症拡大防止策について議論を進めている。UWW関係者は「レスリングは選手同士が接触するため感染防止は急務。五輪アジア予選までに新規則が作られるのでは」と話した。

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた