新型肺炎の致死率2% SARSより「致命的ではない」 WHO見解

新型肺炎の致死率2% SARSより「致命的ではない」 WHO見解
新型肺炎の致死率2% SARSより「致命的ではない」 WHO見解
その他の写真を見る (1/2枚)

 【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は17日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎について、2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)や、中東地域で発生している中東呼吸器症候群(MERS)と比べて「致命的ではない」と指摘した。中国が17日に提供した感染者4万4000人以上のデータをもとに判断したという。

 テドロス氏は感染者について、80%以上は軽症で、約5%が呼吸困難などで重体に陥っていると説明。致死率は2%程度であることを明かした。MERSは致死率が3割強で、SARSは1割程度とされる。

 死者数で、9歳以下はゼロ、10代が1人、20代が7人と若年層は少なく、60代、70代に多い傾向が明らかになっている。

 中国での新たな感染者数が減少傾向にあるとしつつも「減少が続くと判断するのは時期尚早」と話した。

 一方、WHOの感染症専門家、シルビー・ブリアン氏は17日、新型コロナウイルスの感染が拡大している横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、船内という特殊な環境が事態を困難にしていると指摘した。

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信