木村翔、再起戦で2回TKO勝ち「もう一度、世界一に返り咲く」/BOX

 プロボクシングの元WBO世界フライ級王者の木村翔(31)=花形=が15日、再起戦となる113ポンド(約51・2キロ)契約10回戦(フィリピン・マニラ)に臨み、元WBO世界ミニマム級王者のメルリト・サビーリョ(36)=フィリピン=に2回TKO勝ちした。

 渾身(こんしん)の左フックが相手をとらえると、サビーリョはリング中央で大の字になって長い間立ち上がることができなかった。

 「フィリピンで試合をさせてもらってとても感謝している。フィリピンの応援は温かかった」

 1回からプレッシャーをかけて主導権を握ると、ロープ際に追い詰めて連打。ラウンド終盤には左フックが当たって相手が倒れたようにも見えたが、スリップの判定となった。

 2回も前半は木村が左フックからの右ボディー、さらには右のオーバーハンド2連打などで攻め立てる。すると、サビーリョは左アッパーから大振りの右フック5連発で猛反撃。その後も無謀な大振りの連打を繰り出す。ディフェンスがおろそかになった相手に対して、木村は強烈な左フックを浴びせる。バランスを保てずにキャンバスに落ちたサビーリョ。レフェリーはノーカウントで試合を止めた。

 再起を果たした木村は「次の試合はマネジメント次第だが、世界戦ができるようにしっかり精進して頑張る。今年はもう一度、世界一に返り咲く」と意気込んだ。

 2017年7月にWBO世界フライ級王座を獲得した木村は、2度防衛したが、18年9月に田中恒成(24)=畑中=に敗れて王座陥落した。19年3月の再起戦で勝利するも、5月のWBA世界ライトフライ級タイトルマッチで判定負けしていた。

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた