元王者の比嘉大吾、計量パス 約2年ぶり試合

前日計量をクリアした比嘉大吾(左)と対戦相手のブエナオブラ
前日計量をクリアした比嘉大吾(左)と対戦相手のブエナオブラ

 世界戦での計量失敗によるボクサーライセンス無期限停止処分が昨秋に解けた元世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(24)=白井・具志堅スポーツ=が12日、東京・後楽園ホールで再起戦の前日計量に臨み、リミットを0・1キロほど下回る53・8キロで、1回でパスした。

 約2年ぶりの試合へ向け「最後はきついと思ったけど、減量はうまくいった。2年間支えてくれた自分の仲間がいる。その人たちのために頑張りたい」と淡々と語った。フライ級より2階級余り上の119ポンド(約53・9キロ)以下の契約体重でジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)と8回戦を闘う。

 比嘉は17年5月に世界王座を獲得。日本タイ記録の15戦連続KO勝利を記録したが、18年4月の世界戦で体重超過があり、王座を剥奪された。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず