友近、活動の幅広げるため動いた!吉本女性芸人初の専属エージェント契約

専属エージェント契約を結ぶ友近。マルチな才能をさらに発揮する
専属エージェント契約を結ぶ友近。マルチな才能をさらに発揮する

 お笑いタレント、友近(46)が所属する吉本興業と専属エージェント契約を結ぶことが28日、分かった。複数の関係者によると、友近の旧知の仕事関係者が代理人になり、早ければ2月にも同契約を結ぶ。吉本では極楽とんぼの加藤浩次(50)、闇営業問題での活動自粛から30日に復帰するロンドンブーツ1号2号の田村亮(48)に続き3人目とみられ、女性芸人では初めてだ。

 才能豊かなトップ女芸人が専属エージェント契約で活動の幅を広げる。

 ハリウッドやスポーツ界では一般的な専属エージェント契約だが、吉本では昨年に所属芸人の闇営業騒動が契約問題にまで発展した際、新たに導入。従来のマネジャーではなく、自ら雇用する代理人を通して仕事をするため、高いプロデュース力が必要とされるが、自分のペースで働け、仕事の選択も可能になる。

 友近は女性芸人として初。複数の関係者によると、早ければ2月にも同契約を結ぶ。自身が大阪で活動していたころの旧知の仕事関係者が窓口になるという。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も