新型肺炎「ピークは4、5月」 香港大の試算 

新型肺炎の影響で縁日「廟会」が中止され、閑散とした北京市中心部の地壇公園。手前は警備関係者=25日(共同)
新型肺炎の影響で縁日「廟会」が中止され、閑散とした北京市中心部の地壇公園。手前は警備関係者=25日(共同)

 【香港=藤本欣也】香港メディアによると、香港大の梁卓偉・医学院長は27日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の発症者について25日現在、武漢市だけで2万5000人を超え、潜伏期の感染者も含めると約4万4000人に上る可能性があるとする試算結果を発表した。今後、感染者は重慶や北京、上海、広州などで急増した後、4、5月ごろにピークを迎え、6月ごろから減少するとの見方を示した。試算結果を世界保健機関(WHO)に報告するとしている。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  5. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」