メッツがベルトラン監督解任 サイン盗み問題で3人目

 米大リーグ、メッツは16日、現役時代の2017年にアストロズでサイン盗み問題に関わったとされたカルロス・ベルトラン監督(42)の解任を発表した。昨年11月に3年契約を結び、今季が監督1年目となる予定だった。アストロズのA・J・ヒンチ氏、レッドソックスのアレックス・コーラ氏に続く3人目の監督解任となった。

 メッツは球団幹部とベルトラン氏が15日夜から話し合いを持ったと公表した上で、解任理由について「カルロスが監督としてチームを率いることが最善の策ではないことが明白になった」と説明した。ベルトラン氏は「この決断がチームにとってベストだと思い同意した」とのコメントを寄せた。

 両打ちの強打者として通算435本塁打を放ったベルトラン氏は17年にアストロズでプレーし、ワールドシリーズ初制覇に貢献して引退。大リーグ機構(MLB)が発表した調査報告では、その年のシーズン中にサイン盗みを主導したとして、選手でただ一人名前が挙がっていた。(共同)

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病