高木美、松井がスプリント部門総合優勝 全日本スピードスケート

スピードスケートの全日本選手権最終日は29日、長野市エムウエーブで短距離2種目の総合成績で争う「スプリント部門」が行われ、女子は前日トップの高木美帆(日体大助手)が149・705点で3大会ぶり2度目の総合優勝を果たした。1000メートルは1分13秒86で1位、500メートルは2位。37秒78で500メートル1位の郷亜里砂(イヨテツク)が総合2位だった。

男子は松井大和(日大)が500メートル5位、1000メートル6位の139・450点でトップを守り初の総合王者に輝いた。小島良太(信州大)が総合2位。500メートルは村上右磨(高堂建設)が34秒55、1000メートルは山田将矢(日本電産サンキョー)が1分9秒06で1位だった。

年明けの国際大会の距離別代表選考レースも実施され、女子1000メートルは小平奈緒(相沢病院)が1分15秒23で1位。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は