菊池純が総合首位 高木美は3千メートルで国内最高 スピードスケート全日本選手権第1日

総合首位に立った菊池純礼=エムウエーブ
総合首位に立った菊池純礼=エムウエーブ

スピードスケートの全日本選手権第1日は26日、長野市エムウエーブで短距離から長距離の4種目総合で争う「オールラウンド」部門の前半2種目が行われ、女子はショートトラックの全日本女王、菊池純礼(富士急)が82・878点で首位に立った。500メートル、3000メートルとも1位だった。

来年の国際大会の距離別の代表選考レースも合わせて実施され、女子3000メートルは高木美帆(日体大助手)が自身の国内最高を更新する4分5秒05で1位となった。

オールラウンド男子は500メートル3位、5000メートル1位の一戸誠太郎(ANA)が75・662点で総合トップ。

大会は4日間で、後半2日は昨季まで別に開催されていた500メートル、1000メートルを2度ずつ滑る「スプリント」部門が争われる。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは