現場から高級腕時計持ち去った栃木県警元警察官に執行猶予判決 宇都宮地裁「信用失墜させた」

 今年8月、病死した男性の検視に駆けつけた際、男性の自宅にあった高級腕時計を持ち去ったとして、占有離脱物横領罪に問われた元栃木県警宇都宮中央署員、仁平陸夫(にだいら・みちお)被告(35)の判決公判が19日、宇都宮地裁で開かれ、岡田健彦裁判官は懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。

 岡田裁判官は「持ち去った腕時計を売却しており、利欲目的なのは明らかで酌量の余地はない。警察官の信用を失墜させた」と指摘。一方、被害弁償していることや、懲戒免職処分を受けたことなどから、執行猶予付きの判決が妥当とした。

 判決によると、仁平被告は8月16日午前10時~午後0時40分ごろ、宇都宮市馬場通りのマンションで病死した男性の検視のため現場を訪れた際、部屋にあった約350万円相当の腕時計を持ち去った。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」