米下院、歳出法案を可決 2020年度、政府閉鎖回避へ

 米議会下院は17日、連邦政府の来年9月末までの支出を賄う約1兆4000億ドル(約153兆円)規模の歳出法案を可決した。現行のつなぎ予算が20日で期限切れになることに伴う政府機関の閉鎖回避につながる。上院も可決すれば、トランプ大統領が署名して成立する見通しだ。

 2020会計年度(19年10月~20年9月)いっぱいの歳出を賄う。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版によると、20会計年度全体の支出は前年度と比べ500億ドル近く増える見込みだ。

 歳出法案にはメキシコ国境の壁建設費13億8000万ドルも盛り込まれている。米軍や連邦政府の給与水準を約3%引き上げることも含まれている。たばこ製品を購入できる年齢を18歳から21歳に引き上げる。(共同)

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗