元農水次官に懲役6年実刑判決 長男殺害、東京地裁

 熊沢英昭被告
 熊沢英昭被告

 東京都練馬区の自宅で6月、44歳の長男を刺殺したとして殺人罪に問われた元農林水産事務次官の無職、熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。中山大行裁判長は「強固な殺意に基づく危険な犯行」として懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。

 中山裁判長は、英一郎さんと同居を再開した翌日に暴行を受けたことで「被害者を殺すこともあり得ると考えるようになり、何らかのきっかけで殺害を決意した」と認定した。

 熊沢被告は公判で、事件当日に英一郎さんに「殺すぞ」と言われ、「本当に殺されると思って無意識に包丁を取りに行った」「夢中でもみ合い、殺されるという気持ちで刺した」などと述べていた。

 しかし、判決は、あえて恐れていた英一郎さんの元に向かう理由がないうえ、体格差などから抵抗を押し切って殺害するのは「相当困難」と判断。「供述は信用性に乏しく、ほぼ一方的に攻撃を加えたと認められる」と述べ、被告の主張を退けた。また、他の同種事案の量刑と比較して「重い部類に属するとは言えないが、執行猶予を付ける事案ではない」と結論付けた。

 スーツ姿の熊沢被告は、肩を落としながら判決を聞いていた。閉廷後には弁護人や裁判長、検察官にそれぞれ一礼。法廷を去る前、検察官の一人が「お体に気をつけてください」と声を掛ける場面もあった。

 判決によると、熊沢被告は6月1日午後3時15分ごろ、自宅で英一郎さんの首などを包丁で多数回突き刺し、失血死させた。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道