【深層リポート】茨城・境町の一家4人殺傷事件 動機絞り込めず捜査難航(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

深層リポート

茨城・境町の一家4人殺傷事件 動機絞り込めず捜査難航

【深層リポート】茨城・境町の一家4人殺傷事件 動機絞り込めず捜査難航
【深層リポート】茨城・境町の一家4人殺傷事件 動機絞り込めず捜査難航
その他の写真を見る (1/2枚)

 3連休最終日の9月23日未明に雨天の茨城県境町で起きた一家4人殺傷事件は、発生から間もなく3カ月を迎えるが解決の糸口が見いだせていない。周辺を木々で囲まれ目撃証言がほとんど得られない上、一家に関するトラブルが全く浮かんでこないからだ。茨城県警幹部は「犯人逮捕には、まだまだ時間がかかりそうだ」と苦渋の表情を浮かべており、解決への道のりは遠そうだ。

 小林光則さん(48)方で起きた事件は妻、美和さん(50)の緊迫した110番通報で発覚した。9月23日午前0時40分ごろ「助けて」という美和さんの通報から約15分後、県警境署員が現場に駆けつけると犯人の姿はなく、小林さんと美和さんが2階寝室で亡くなっているのが発見された。長男(13)は腕などを切られ重傷、次女(11)も手に痛みを訴える軽傷を負った。県警は同日午後、境署に捜査本部を設置し、100人態勢での捜査を開始した。

 就寝中に襲われたとみられる夫婦は顔や首などをそれぞれ約10カ所刺されており、小林さんには肺に達するほど深い傷もあった。また、金品を物色した形跡は確認できなかった。また、周囲を木々に囲まれ、一見住宅があるようには見えない小林さん方の立地から、捜査本部では当初、犯行が金銭目的というよりは、夫婦に強い恨みを持つ犯人像を有力視。現場周辺に土地勘があり、夫婦を知る人物の可能性が高いとみて人間関係を調べていた。

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート