小平8位、小田が5位 スピードスケートW杯第3戦

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦最終日は8日、カザフスタンのヌルスルタンで行われ、女子1500メートルの小平奈緒(相沢病院)は1分57秒73で8位だった。イバニー・ブロンディン(カナダ)が優勝し、小野寺優奈(高崎健康福祉大)は最下位の20位。

男子1500メートルは小田卓朗(開発計画研究所)が1分46秒14で5位。格下のBクラスでは近藤太郎(ANAエアポートサービス)が1分47秒24で3位だった。

団体追い抜きの日本は中村奨太(ロジネットジャパン)、土屋良輔(メモリード)、大林昌仁(福井県スポーツ協会)の男子が4位、小野寺、高橋菜那(ダイチ)、酒井寧子(富士急)の女子が8位だった。

女子の高木美帆(日体大助手)らナショナルチームの主力は出ていない。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は