オーストリアの柔道五輪王者に有罪判決 教え子に性的暴行

 オーストリアの裁判所は柔道男子86キロ級で1984年ロサンゼルス、88年ソウル五輪を連覇した同国のペーター・ザイゼンバッハ氏(59)に、教え子の女子選手2人に対する性的暴行により禁錮5年の有罪判決を下した。2日、AP通信が報じた。

 同氏の弁護人は上訴を検討するとしている。

 99年から2004年にかけて、当時10代だった教え子に性的暴行を加えたという。ザイゼンバッハ氏はアゼルバイジャンの代表監督として、16年リオデジャネイロ五輪にも参加した。(共同)

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 台湾に安倍元首相の等身大銅像 24日に除幕式