カツ丼チェーン「かつや」の新たな一手は天丼 「学生さんは『ドーン』と量を、女性は少量で多品目を」 アークランドサービスホールディングス・臼井健一郎社長

アークランドサービスホールディングス・臼井健一郎
アークランドサービスホールディングス・臼井健一郎

 【トップ直撃】

 カツ丼チェーン「かつや」を全国で400店以上展開し、海外にも進出しているアークランドサービスホールディングス。揚げ物系ファストフードの草分け的な存在として知られる同社の新たな一手が天丼だ。臼井健一郎社長(46)は、自ら目で見て、足で稼いだアイデアを元に、顧客の心理と胃袋をつかむ。(海野慎介)

 ■持ち帰り専用窓口も

 --カツ丼の「かつや」やから揚げの「からやま」「からあげ縁(ゆかり)」など、揚げ物系のチェーンでは先駆的存在です

 「従来、とんかつ専門店は、1000~2000円の店がメインでしたが、ターゲットをサラリーマンに置き換え、ワンコインでおなかいっぱいになるカツ丼を作るのがスタートでした」

 --顧客のニーズに合わせた工夫も

 「他のファストフードよりも100~200円高くいただいている分、机の幅を1人あたり5センチ程度広くして、居住空間を確保しています。また、『かつや』は男性客がメインですが、3割を占めるお持ち帰りの半分以上は女性です。男性がたくさんいる場所で待ちづらいという女性のために、お持ち帰り専門の窓口も作りました」

 ■自分がターゲット!?

 --ターゲットとする顧客層は

 「『かつや』は、46歳の男性サラリーマン、団塊ジュニアの頂点がターゲットですが、実は僕なんです。僕が食べたい物を食べたい価格で、食べたい量を提供しています。『からやま』は35歳ぐらいで、女性や家族連れも多いですね。そして、いまのターゲットが10年後、20年後にもカツ丼を食べていただけるか分からないので、新しいブランドができればと思っています」

 --8月には東京・練馬に「江戸前天丼 はま田」をオープンしました

 「お客さまの層は50~60歳のアクティブシニアです。ファストフードに入りづらいけど、老舗のような店に遠出するには腰が重い、という方たちに必要な価格帯や商品を考えました」

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」