子宮頸がんワクチンで議連 自民、接種積極勧奨目指す

 自民党の三原じゅん子女性局長ら有志議員が26日、子宮頸がんワクチンの積極的な接種勧奨の再開を目指す議員連盟を設立した。接種後に体調不良を訴える副作用への対応策を検討し、来年夏をめどに提言をまとめる方針だ。

 子宮頸がんワクチンは小学6年から高校1年に相当する女子を対象とした原則無料の定期接種となった。ただ、全身の痛みやけいれんなどの症状を訴える人が相次ぎ、国は平成25年6月、積極的な接種呼び掛けを中止。現在、接種率は低迷している。

 三原氏は子宮頸がんの経験者。26日、議連発足前に国会内で開かれた会合で「副作用の痛みに寄り添いながら再開を目指したい」と語った。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…