新浜が節目の日本100勝目 スピードスケート男子500メートル

新浜が節目の日本100勝目 スピードスケート男子500メートル
新浜が節目の日本100勝目 スピードスケート男子500メートル
その他の写真を見る (1/2枚)

男子500メートルは新浜と村上が千分の2秒、距離にすれば3センチほどの差で1、2位となった。W杯のこの種目で、日本勢の優勝、2位の回数はそろって100の大台に到達。自身4勝目が節目となった新浜は「きりがいいので、うれしい」と喜んだ。

この種目は清水宏保がW杯で34勝するなど伝統的に日本勢が活躍し、優勝回数2位のカナダを大きく引き離している。近年は低迷した時期もあり、新浜は「まだ100勝なんだ、というのは驚き。もう一回、短距離が世界で活躍するような国にしていきたい」とエースの自覚を示した。(共同)

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは