米中合意、来年に先送りも 第1段階、関税で溝

 ロイター通信は20日、米中両政府が貿易協議の「第1段階」合意を、来年に先送りする可能性があると報じた。11月中旬に両首脳による部分合意の署名を目指していたが、制裁関税の扱いを中心に溝が埋まらないためだ。香港情勢の緊迫化も協議を複雑にしている。米政権が次の制裁関税の発動を予定する12月15日までに合意できるかどうかが焦点となりそうだ。

 トランプ米大統領は20日、対中協議に関し「話し合いを続けている。中国は取引をしたがっている」と記者団に説明した。ホワイトハウス報道担当者も「合意内容の取りまとめ作業は進展している」とFOXビジネステレビに述べ、早期決着に意欲を示した。(共同)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」