露、ウクライナに艦艇返還 来月9日に初首脳会談 東部紛争終結へ進展あるか

ロシアのプーチン大統領(写真)とウクライナのゼレンスキー大統領による初の直接会談が12月9日にパリで実施される(タス=共同)
ロシアのプーチン大統領(写真)とウクライナのゼレンスキー大統領による初の直接会談が12月9日にパリで実施される(タス=共同)

 【モスクワ=小野田雄一】ロシア外務省は18日、昨年11月に「領海侵犯」を理由にケルチ海峡で拿捕(だほ)していたウクライナ海軍艦艇をウクライナに返還したと発表した。ウクライナ政府などはこれに先立ち、ゼレンスキー大統領とプーチン露大統領による初の直接会談が12月9日にパリで実施されると発表しており、艦艇返還は会談に向けた地ならしとみられる。会談ではウクライナ東部で続く同国軍と親露派武装勢力の紛争終結に向けた進展が見られるかが最大の焦点となる。

 ロシアは拿捕した艦艇3隻の移動を17日に開始していた。返還は黒海の中立海域で行われたとみられる。

 2014年の勃発(ぼつぱつ)以降、ウクライナ東部紛争では約1万3千人が犠牲になった。ウクライナとフランスの両大統領府は15日、ウクライナとロシア、仲介役のフランス、ドイツの4カ国枠組みによる首脳会談を12月9日にパリで行うことで各当事国が合意したと発表。露大統領府も18日、会談の実施を正式に公表した。4カ国の枠組みによる首脳会談は16年10月以来。

 今年5月に大統領に就任したゼレンスキー氏は、ウクライナ東部紛争を、親露派武装勢力の背後にいるロシアとの対話を通じて解決する意向を示してきた。

 両国は9月、捕虜とみなしてきた刑事被告人ら35人ずつの交換を実施。10月には、親露派勢力が実効支配する東部地域で「適正な選挙」を行った上で、この地域に高度な自治権など「特別な地位」を与える-との工程表にも基本合意した。11月上旬には、ウクライナ軍と親露派勢力の双方が前線からの兵力撤退を完了させるなど、対話への機運が高まっていた。

 ただ、東部地域への「特別な地位」の付与をめぐっては、ウクライナ国内には「実質的なロシアの実効支配地域を国内に抱えることになる」といった懸念が強く、大規模な抗議デモも起きている。ゼレンスキー氏にとって、ロシアへの譲歩と受け取られかねない合意を行うのは困難な情勢で、会談は物別れに終わる可能性も指摘されている。

 艦艇拿捕事件は昨年11月25日に発生。ロシアが14年に併合を宣言したウクライナ南部クリミア半島近くのケルチ海峡で、ロシアの沿岸警備艇がウクライナ海軍艦艇3隻を拿捕し、乗組員ら24人を拘束した。乗組員らは今年9月の「捕虜交換」で解放されている。

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 母親が11歳娘に覚醒剤与えて交際相手とのわいせつ行為を撮影、立件した滋賀県警の執念

  5. がん闘病ワッキー、「胃ろう」生活告白「放射線化学療法でめちゃくちゃ気持ち悪くなる」