日本、A組1位で決勝進出 レスリング女子W杯第1日

 レスリング女子の国別対抗戦、ワールドカップ(W杯)第1日は16日、千葉県の成田市体育館で1次リーグが行われ、5大会連続11度目の優勝を目指す日本はA組でウクライナを9-1、中国を6-4で下し、2連勝の同組1位で17日の決勝に進出した。B組1位の米国と対戦する。

 各チーム10階級で対戦する団体戦。2大会連続2位の中国戦では2017、18年世界選手権女王に輝いた50キロ級の須崎優衣(早大)や東京五輪代表に決まっている57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)と62キロ級の妹、川井友香子(至学館大)らが勝った。76キロ級で世界2位の皆川博恵(クリナップ)は敗れた。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…