きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

 ここで終われば、行き過ぎた夫婦げんかで済んだかもしれない。しかし男は、その後の妻の言葉で「心の中で抑えていたものが、せきを切った」と話した。

 「お前が殺せと言ったんやろ」

数々の偽装工作

 そばにあった電気毛布のコードで、背後から妻の首を絞め続けた男。動かなくなった姿を見て、自分の犯した罪を自覚したという。

 一方、その後に取った行動は、妻への愛情を一切感じさせないものだった。

 男は激しく争った形跡を偽装するため、自らの首や体を包丁で切りつけ、「妻が包丁を振り回した」という嘘のメモを残した。そして救急車や警察を呼ばないまま浴室で自殺を図ったが失敗。親族の通報で翌日に警察官が発見するまで、妻の遺体はその場に放置されたままだった。

 被害者参加制度で法廷に立った妻の遺族は「男は嘘をついている」と涙をこらえ、厳刑を求めた。一方、男の弁護側は妻の攻撃に対する過剰防衛だったとして、酌量を求めた。

 11月13日の判決。森島聡裁判長が言い渡したのは、懲役10年(求刑懲役12年)の実刑判決だった。

 森島裁判長は男の行動について「殴る行為とコードで首を絞める行為は明らかに異質で、過剰防衛にはあたらない」と認定。その上で「被告は妻からの攻撃で負傷したが、そこに至る経緯は妻だけに責任があるものではなく、殺されるほどの落ち度はなかった」とし、犯行後の偽装工作を「身勝手な動機で妻の尊厳をおとしめた」と指弾した。

 公判で「幸せにしてあげられなくて申し訳ない」と妻に謝罪した男。1カ月半に終わった短い新婚生活は、最悪の結果で幕を下ろした。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!