「先を読み取り、自信持て」 ノーベル化学賞 吉野彰氏インタビュー

リチウムイオンバッテリーの模型を手にするノーベル化学賞受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん=29日、東京・有楽町の旭化成(酒巻俊介撮影)
リチウムイオンバッテリーの模型を手にするノーベル化学賞受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん=29日、東京・有楽町の旭化成(酒巻俊介撮影)

 今年のノーベル化学賞に輝いた旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)が29日、産経新聞のインタビューに応じ、自身が開発したリチウムイオン電池を電気自動車などに活用することで、地球温暖化の環境問題を「絶対、克服できる」と強調した。

 吉野氏は現代をモバイルIT革命に続く「AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)による第4次産業革命の前夜」と指摘。リチウムイオン電池がその実現を支え、環境問題を解決する巨大産業が登場すると未来を構想した。

 研究開発で優れた成果を挙げるために重要なことは「先を読み取り、自信を持つこと」と強調。現代の若者について「目標を持っていても道筋が見えず、もんもんとしている」と懸念し、「今は将来の活躍のための絶好のチャンス。勉強と経験を積んでほしい」とエールを送った。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終