歌手・串田アキラ、デビュー50年! サンバルカンがもしもなかったら「きっとどこかで歌手人生は終わっていた」

【ぴいぷる】

 「ふじぃ~サファリパァァク!」

 一度聴くと耳に刻み込まれる力強いシャウト。この声の主こそ、日本を代表するソウルシンガーかつアニソンシンガーの串田アキラだ。

 「『富士サファリパーク』のCMソングは和田アキ子さんだと勘違いしている人もいるそうですが、実は私です。ただ関西の人には小川珈琲のCMソングのほうがよく知られていてね。ところが私自身は録音したっきり歌っていないので、ほとんど覚えておらず、本当に申し訳ないです…」

 今年デビュー50周年。『宇宙刑事ギャバン』や『キン肉マン Go Fight!』など自身の足跡を集めた記念のベストアルバム『Delight』にも「富士サファリパーク」や「小川珈琲」のCMソングが収録されることになった。

 「まさか50年も歌っているなんてね。よくここまで来られたなと。大変なこともありましたが、やっぱり歌が好きだったんだと改めて思いましたよ」

 ソウルフルでど迫力のハスキーボイスはいつ生まれたのか。

 「変声期まではめちゃくちゃキーが高くて、キンキンした声だったんですよ。変声期に無理に声を出したせいなのかな。だから、スコーンと抜けるようなきれいな声のソウルシンガーを聴くと、うらやましくてねえ」

 ◆原点はソウル

 中3のとき、買った洋楽のレコードがジョニー・ディアフィールドの『悲しき少年兵』。

 「反戦歌のオールディーズ。ソウルじゃないけどジーンと来たんです。修学旅行のときに買ったんです。でも、今思うと、なんでそんなときに買ったのかな~」

 そこから洋楽にはまり、R&Bへと傾倒していくことに。

 「ドラムがかっこいいと思って、いきなりドラム教室に通って、ドラムセットもいきなり買ってね。すると自然に仲間が集まってきたんです」

 アマチュア時代には、後に「フラワー・トラベリン・バンド」などで活躍するジョー山中さんとバンドを組んだことも。もちろんジョーさんもまだアマチュアのころだ。

 「僕は別のバンドでドラムをたたいていたんだけど、ジョーがやってきて歌いたいと。じゃあ、バンドを作ろうかということになって。合宿することになったんだけど、カネがないから、バンドのみんなで横浜のタンカーのドックで後片付けのバイトしたりしてね」

 その後、ソロデビューするが、大きなヒットはなかった。大きな転機となったのは、『太陽戦隊サンバルカン』の主題歌だった。いわゆるヒーローソングを歌うことになったのだ。

 「映画『マッドマックス』の主題歌の後、子供向けの歌をやってみないかと誘われたんです。子供向けなら楽勝だろうと思って引き受けたんですが…。そういうの嫌いじゃなかったんで」

 しかし、そんな簡単なものではなかった。何度歌ってもOKが出ない。

 「とにかくかっこよく歌ってくれとしか言われなくてね。だから僕なりのかっこいい歌い方をしたんだけど、どんなに歌っても『全然違うよ』『とにかくかっこよく』と言われるばかりで」

 もうどうにでもなれ、これでダメなら降板しようという思いで、力を抜いて譜面通りに歌ったところ、「やればできるじゃん」とOKが出た。

 ◆シャウト健在

 「かっこよく歌おうと思って、R&Bのように抑揚を付けて歌っていたんですが、そうじゃなかったの。力抜いて譜面通り歌うことで、言葉がしっかりと伝わり、優しさが出たんです。大人が聴くんじゃない、子供が聴くんだと分かりました。サンバルカンがあったからこそ、私の今がある。あのとき、簡単にOKが出ていたら、きっとどこかで歌手人生は終わっていたと思いますよ」

 現在73歳だが、そのシャウトは健在。その秘密は何だろう。

 「僕の歌は相当負荷がかかります。だからリハーサルではもっと負荷をかけているんです。リハだけで3時間ぐらい。声も出せるだけ出す。普段のステージじゃやらないロングトーンも歌います。それでも今は随分気楽にやってますが、毎日がスタートの気持ちでいること。それが一番大切かな。声が出続ける限り頑張っていきますよ」

(ペン・福田哲士/カメラ・寺河内美奈)

 □50周年記念ベスト盤『Delight』11月6日発売

 ■串田アキラ(くしだ・あきら) 歌手。1946年10月17日生まれ、73歳。横浜市出身。10代から米軍のベースキャンプでドラムをたたくなど音楽活動をしていた。69年、『からっぽの青春』でデビュー。NHK『ステージ101』では「ヤング101」のメンバーとして活躍。81年、『太陽戦隊サンバルカン』の主題歌を担当以降、独特なハスキーボイスで数多くのヒーローソングを手がけてきた。代表的な主題歌作品は『宇宙刑事ギャバン』『キン肉マン』『戦闘メカ ザブングル』など。

 CD2枚+DVDというボリュームのデビュー50周年記念ベストアルバム『Delight』(日本コロムビア)は11月6日にリリース。また「50周年記念公演~Delight~」は11月17日、東京・大手町の「よみうり大手町ホール」で開催される。

  1. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  2. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…

  3. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  4. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  5. ひろゆき氏、安倍氏国葬批判に私見「葬式ぐらいは静かに送ってあげる礼節を持つべき」ネットは賛否「激しく同意」「国葬と葬式は違う」