政治デスクノート

首相側近が仕切る参院自民 首相との距離は変わるか

新たに参院自民党の幹事長となった世耕弘成氏(左)は、安倍晋三首相(右)との距離感をどう取るか(斎藤良雄撮影)
新たに参院自民党の幹事長となった世耕弘成氏(左)は、安倍晋三首相(右)との距離感をどう取るか(斎藤良雄撮影)

9月の内閣改造・自民党役員人事で、参院自民の実務を取り仕切る参院幹事長に世耕弘成前経済産業相が就き、安倍晋三首相と参院自民の「距離感」に関心が集まっている。首相と近い世耕氏が主導する参院自民党の新体制の背景に、参院への影響力を強めたい首相の思惑を感じ取っているからだ。

「独自性」「中立性」にこだわった過去

政治史をひもとくと、参院自民党は、時の首相もその意向に配慮せざるを得ない、衆院とは異なる独自性を発揮してきた時期がある。「派閥の論理」にとらわれない閣僚人事を断行した小泉純一郎元首相でさえ、参院議員会長や参院幹事長を務めた青木幹雄氏の意向は受け入れ、「参院枠」から登用していたのは有名だ。

参院は首相による解散権もなく、事実上6年間の任期と議員活動が保障されており、衆院と比べ首相の権力が及びにくいと考えられる。

ただ、参院は存在感が低下すると、「衆院のカーボンコピー」と揶揄(やゆ)され、「参院不要論」すらささやかれる。そのため、衆院とは一線を画した「物言う参院」「熟議の参院」として独自性を示してきた。

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  4. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン