台風15号大停電 電力マンの過酷ミッション

台風15号大停電 電力マンの過酷ミッション
台風15号大停電 電力マンの過酷ミッション
その他の写真を見る (1/5枚)

 台風15号の影響で千葉県を中心に発生した大規模な停電被害。全面的な復旧には長期間を要したが、現場では全国9電力会社から駆けつけた電力マンが昼夜を問わず、復旧作業に当たっていた。北陸電力から派遣された社員2人が取材に応じ「現場は倒木で道がふさがれ、状況把握もままならなかった」と振り返った。

真っ暗闇に倒木

 台風15号が千葉県に上陸してから3日後の9月12日夕、北陸電力からの派遣要員二十数人を乗せたバスは、暗くなり始めた道の先に明かりを見つけた。「ここまでは復旧できているようだ」。北陸電力などが駐車場に拠点を置いた「イオンモール木更津」(千葉県木更津市)だった。営業を再開したのは復旧の一つの証し。北陸電力福井送配電支社(福井市)配電工事課副課長の吉村信典さん(54)は少し安堵(あんど)した。

 前任者たちとの引き継ぎを終えた後、発電機車を取り外す作業のため千葉県鴨川市の高齢者施設に向かったが、その道中、強風による被害の大きさを実感させられた。

 山越えの道が多かったが、停電で街灯は一つもつかず真っ暗闇。そこかしこで木が倒れ、枝が転がっていた。家屋はトタン屋根が飛び、窓ガラスが割れていた。

 その後、同市内の病院に設置した発電機車の燃料を補給し、拠点に戻れたのは13日午前2時半だった。

状況把握ままならず

 夜が明け、発電機車の要請を受け、袖ケ浦市の福祉施設に向かったが、作業は手探りを余儀なくされた。

 施設には給水ポンプがあり、電流の波形が違う送電線3本に正しく接続しなければならない。「三相(さんそう)」と呼ばれる効率的な送電方式だが、誤ってつなげばポンプは最悪、故障する。その確認に手間取り、作業は倍以上かかった。同支社配電計画課副課長の西田豊三さん(44)は「倒木で道がふさがれ、事前の状況把握もままならなかった」と打ち明ける。

 発電機車をめぐっては、ほかにも苦労はあった。「フル稼働すると3時間で燃料が切れる。また、消費量が発電量を超えてしまわないよう警戒しないといけない。1時間おきに確認が必要だった」と吉村さん。担当者は昼夜を問わず交代で燃料残量などの監視を続けた。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」