大谷、来季開幕から二刀流復活「楽しみ」 左膝手術後初公の場で回復順調アピール

 【アナハイム(米カリフォルニア州)24日(日本時間25日)】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(25)が13日(同14日)に左膝の手術を受けてから初めて公の場に姿をみせ、会見を行った。術後の経過を報告し、来季開幕からの投打二刀流の完全復活を約束。早ければ年内にも打撃練習を再開し、万全の状態で2020年シーズンを迎える。

 左膝に大きなギプスを巻いた大谷が久々に姿を見せた。会見場の手前でチタン製の松葉づえを水原通訳に預け、自力で歩き、立ったままで日米のメディアに約25分間、応対した。

 「(術後)10日くらいですけど、順調にきている。万全な状態で、まずはキャンプから入れるように、そこを目指して、しっかり準備したい」

 公の場に顔を見せたのは、11日(同12日)のインディアンス戦以来、13日ぶり。13日(同14日)に左膝の手術を受け、まだ痛々しい姿だが、早ければ12月中に打撃練習は開始する。来年2月のキャンプインからは、投打二刀流で、完全復活を期すシーズンへの準備を本格化させる。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」