素根輝「声援が力に」女子78キロ超級で金メダル 朝比奈沙羅は銅 /柔道世界選手権

歓声に応える素根輝=日本武道館(撮影・鴨川一也)
歓声に応える素根輝=日本武道館(撮影・鴨川一也)

 柔道の世界選手権第7日は31日、東京・日本武道館で行われ、女子78キロ超級で素根輝(19)=環太平洋大=が個人戦初出場で金メダルを獲得した。

 素根は決勝で2012年ロンドン五輪金メダルのイダリス・オルティス(キューバ)と対戦。厳しい組み手で相手に圧力をかけて前に出た。2分44秒、組み合わないとして両者に1つ目の指導。その後も素根は前に出るが、奥襟を取った相手の腕を首を抜いて外したとして2つ目の指導を受けた。

 そのまま4分がたち、ゴールデンスコアの延長戦に。積極的に技を仕掛ける素根に対して相手が下がる場面が増え、1分1秒、相手に2つ目の指導(戦意)。並んだ後も積極的に前に出る素根。4分9秒、押し込まれた相手が場外に出たことで3つ目の指導を受け、素根の勝ちが決まった。

 素根は「日本開催ということでたくさんの声援が力になった。優勝できてうれしい」と笑った。東京五輪に向けては「必ず出て、必ず金メダルがとれるように」と覚悟を示した。

 前回覇者での朝比奈沙羅(22)=パーク24=は3位決定戦でマリア・アルテマン(ブラジル)から残り4秒、払い巻き込みで一本を奪い、銅メダルを獲得した。

  1. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. ライジングサン、Vaundy欠場→代打・藤井風にファン胸熱「頼り甲斐あるアニキ」「ファン層を理解した上での代打」