マー君、雄星圧倒して金字塔10勝!日本投手初の6年連続2桁

 「日本人というくくりをなくせば、もっと長く勝ち続けている人たちはいる」と満足した様子はない。ア・リーグ東地区首位を独走するチームは2位・レイズに10・5ゲーム差をつけた。10年ぶりのワールドシリーズ制覇へ、この勢いのままに突っ走る。

「一時期不安定だったスプリットが、ようやく安定してきた」

★地元紙絶賛

 ヤンキースの公式サイトは『田中が菊池に投げ勝った』という見出しとともに「スプリットとスライダーが効果的だった」と安定度抜群の投球を評価。ニューヨーク・ポスト紙(電子版)はマ軍に相性が良く8勝0敗となったことを紹介し、デビューから連続の2桁勝利はヤ軍の球団記録はアンディ・ペティットの9年連続であることを伝えた。ニューヨーク・デーリー・ニューズ(電子版)も「ビッグゲームで強いことを改めて証明した」と称賛した。

 〔1〕田中が今季10勝目(7敗)。米大リーグに移籍した2014年から6年連続6度目の2桁勝利。日本投手で6年連続の2桁勝利は黒田博樹の5年(10-14年、ドジャースなど)を上回る最多記録となった。通算6度は7度の野茂英雄(ドジャースなど)に次いで2人目。

 〔2〕楽天時代の09年から日米を通して11年連続で2桁勝利。プロ野球で11年以上続けて2桁勝利をマークしたのは、19年の米田哲也(阪急など)を筆頭に、山田久志(17年、阪急)、金田正一(15年、国鉄など)ら10人がいる。

 〔3〕日本投手の先発対決は17年6月23日の田中(ヤンキース、8回無失点)vsダルビッシュ有(レンジャーズ、7回無失点)以来2年ぶり16度目。田中の日本投手との先発対決は16年に岩隈久志(マリナーズ)と2度、17年のダルビッシュに次いで4度目。通算3勝0敗、防御率は0.62(29回、自責点2)と投げ勝っている。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「#伊藤の浮気にイワクラ涙」トレンド入り きっかけに「また誤解を生むキーワードを…w」「第2の山添」とネット爆笑