マー君、雄星圧倒して金字塔10勝!日本投手初の6年連続2桁

 マリナーズ0-7ヤンキース(27日=日本時間28日、シアトル)米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(30)がマリナーズ戦に先発し、7回3安打無失点で日本投手初の6年連続2桁勝利となる10勝目(7敗)を挙げた。マ軍の菊池雄星投手(28)は2本塁打を浴びるなど、4回5失点で9敗目(5勝)。初めて実現した2人の投げ合いは、抜群の制球力を披露した先輩に軍配が上がった。

 敵地シアトルに詰めかけたヤンキースファンから大歓声が巻き起こった。七回2死二塁、マリナーズの6番・ボーゲルバックを中飛に打ち取った田中をたたえる拍手が、スタンドから降り注いだ。

 「もちろん日本人初ということは、うれしく思う。序盤からスライダー、スプリットでうまくオフスピードのボールを効果的に使えていたっていう部分はあったと思います」

 7回3安打無失点と抜群の安定感。序盤に打線の強力援護をもらった右腕は、2014年の米1年目から日本投手では史上初となる6年連続の2桁勝利を達成した。

 メジャーデビューから6年連続の2桁勝利は名門・ヤンキースの長い歴史でも1995-03年に9年連続2桁勝利のアンディ・ペティット以来、球団史上2人目の快挙だ。黄金期を支えた256勝左腕に匹敵する活躍を果たしている。

 先輩の威厳を保った。この日は楽天時代も実現しなかったマ軍・菊池と初の投げ合いだった。3学年下の左腕に、前日の練習中はスプリット・フィンガード・ファストボールの握り方を伝授していたが、試合では経験の差を見せつけた。

 4回5失点でマウンドを降りた菊池に対し、米6年目の右腕はスライダーとスプリットを丁寧に低めのコーナーに投げ分けた。「ゲームが始まって、そこの意識はないですかね」といいつつ、内容と結果で、後輩を圧倒した。日本投手との投げ合いは、これで通算4試合で3勝無敗だ。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  5. 25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー