炊飯器は5分で廃棄 粗大ゴミ処分、スマホで楽々

炊飯器は5分で廃棄 粗大ゴミ処分、スマホで楽々
炊飯器は5分で廃棄 粗大ゴミ処分、スマホで楽々
その他の写真を見る (1/3枚)

 家庭から出る粗大ゴミの回収で、インターネットを利用した申し込みを受け付ける自治体が増えている。スマートフォンやタブレット端末の普及で、24時間手軽に申し込めるメリットを生かしており、スマホ1台で申し込みから手数料の支払いまで「ワンストップ」で完結するサービスも登場。行政側も業務の効率化やコスト削減が見込めるとしている。

(藤原由梨)

 ネット経由の粗大ゴミ回収は多くの自治体で、住民がメールで住所や捨てたいゴミ、収集日を送信。スーパーなどで売られている手数料券や処理券を添付し、自宅前など利用者が指定した場所にゴミを捨てる形式を取っている。

 大阪市は今年3月、従来の電話受け付けに加え、ネットでの対応を始めた。20ある政令市の中では16番目の導入と後発組だが、ネット上で選択できるゴミ品目は400件にのぼる。

 たとえばアイロン台だけでも、素材と大きさにより4つの選択肢がある。利用者がゴミの画像を添付し、回収が可能かどうか判断してもらうことも可能だ。

 また、今回初めて競争入札で電話受け付けとネットシステム運営の一括契約を実施し、電話オペレーターの削減などで年間3600万円の経費削減を見込んでいる。

 ネット受け付けの出だしは好調で、開始から6月までの4カ月間、受付数約22万6000件のうち、ネット経由は約10万8000件と47・7%を占めた。市環境局の担当者は「ネット利用は導入10年で3割を目指していたので、予想以上の数字。24時間対応などが好調の理由では」と話す。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 露副首相 北方領土「ロシアのものにする」

  5. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」