芥川賞・今村夏子さん「自分らしいものが書けたな」

「むらさきのスカートの女」で芥川賞を受賞した今村夏子さん=7月17日、東京都千代田区(鴨川一也撮影)
「むらさきのスカートの女」で芥川賞を受賞した今村夏子さん=7月17日、東京都千代田区(鴨川一也撮影)

「むらさきのスカートの女」(「小説トリッパー」春号)で第161回芥川龍之介賞を射止めた今村夏子さん(39)は3度目の正直での受賞。17日夜、帝国ホテル(東京都千代田区)で行われた記者会見には、むらさきならぬ、ベージュのシャツワンピースに黒のカーディガンを羽織って登場。やや緊張した面持ちながら、飄々(ひょうひょう)と記者らの質問に応じた。

--(受賞が決まった)今の気持ちは

「大変驚きました。とてもうれしいです。ありがとうございます」

--受賞の報はどこで?

「レストランで担当編集者とお茶を飲みながら待っていました。『決まりました』とお電話をいただき、『ホントですか?』と返したと思います。信じられなくて、すごくびっくりしました」

<受賞作は、「むらさきのスカートの女」と呼ばれている近所の有名人の友達になりたいと願う女性「わたし」が主人公。同じ職場で働くように画策するなど、狂気とも紙一重の「わたし」の孤独な追跡と観察の日々がユーモアを交えて描かれる>

--選考委員の小川洋子さんが「選考委員によっていろんな読み方ができる」作品だと話していた。むらさきのスカートの女と黄色のカーディガンの女は、2人とも実在するのか、あるいは同一人物なのか、妄想ではないのかと。そのことがより評価を高めたという

「大変ありがたいです。多様な読み方をしてもらった方が私もうれしい」

--デビュー作「こちらあみ子」から9年。書き続けられた理由は?

「書くのはつらいですし、嫌だと思う時の方が多いんですけど、やはり楽しいからだと思います。9年で一番変わったところは、開き直ることができたというか、失敗してもいいやと思えるようになりました」

--3回目のノミネート。今回手応えはあったか

「手応えは正直ありませんでした。でも、自分らしいものが書けたなという感じはありました。あまり無理をしてないというか、身の丈にあったものが書けたと」

--芥川賞についての印象は

「私には手の届かない、一生取れないものだと思っていたので、受賞には大変驚きましたし、これからもがんばらないとな、と思っています」

--これで太宰治、三島由紀夫、芥川龍之介の名を冠した賞を獲ったが、3人の作家についての印象を

「たくさん本を読む方じゃないので、すごく難しい。一番好きなのは太宰治の短編『燈籠』。芥川龍之介の本はあまり知りません」

--受賞作に出てくる黄色のカーディガンの女性は、ストーカーのような異常性というか、視点が淡々としていた。意識したところは?

「いつも明るい人を書きたいと思っていて。深く悩まない、くよくよしない、明るい人を書きたいと。淡々としているとしたら、そういうところが出たのかなと思います」

--出身地の広島で培ったものは今後、どう生かされていくと思うか

「自分でもわからないが、18歳まで育った場所なので、必ず何らかのかたちで小説に出てくると思います」

--広島の街について

「個人的な思い出だけで語ると嫌なこともありましたけど、大事な故郷です」

--書く楽しさとは

「集中している時が楽しいです。我を忘れて自分がなくなる感じ、うまく表現できないんですけど。その楽しさをまた味わいたくて書いてる感じです」

--2歳のお子さんに報告は?

「娘には特に報告しません(笑)。あまり読んでもらいたいと思わないので。いつか娘にも読ませたいと思えるものが書けたらと思います」

--賞金100万円の使い道は

「貯金します」

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗