「太賀」改め今日から俺は「仲野太賀」 26歳個性派俳優が決断

「太賀」改め今日から俺は「仲野太賀」 26歳個性派俳優が決断
「太賀」改め今日から俺は「仲野太賀」 26歳個性派俳優が決断
その他の写真を見る (1/4枚)

 俳優、太賀(26)が、24日から芸名を「仲野太賀」に改めることが23日、分かった。主演作2本を含む映画5本に出演した昨年を転換期とし、改名を決断。父で俳優、中野英雄(54)の次男であり、本名の中野と「仲間との出会いが俳優人生の財産」と実感したことから「仲野」の表記を選んだ。太賀は「改名は俳優として生きていく決意の表れ。これが日本映画だという作品を作りたい」と新章に意気込んだ。

 コメディーからシリアスまでこなす若手屈指の個性派俳優が、「仲野太賀」に生まれ変わる。

 2006年に13歳でオーディションを受け、フジテレビ系「新宿の母物語」で俳優デビューした太賀は、「当時は事務所と親が話し合って芸名を『太賀』にしてくれた」と懐かしい笑顔。

 父の中野英雄は、1992年のドラマ「愛という名のもとに」のチョロ役や映画「アウトレイジ」シリーズの極道役など人気作に多数出演する名脇役で、父の背中を追いかけてきた息子は「去年あたりから(自身の)名字を伏せている時点で何かをごまかしている気がして。これから俳優としてやっていく覚悟を決めて、名字を名乗ろうと思った」と力を込めた。

 太賀のファンという英雄には4月に改名を報告したと明かし、「スマホを手に『へえ、そうなんだ』とリアクションが薄くて…。報道で『本当に改名するんだ』とびっくりするんじゃないですかね」とはにかんだ。

 07年にNHK「風林火山」で大河デビューし、08年に「那須少年記」で映画初主演。順風満帆だったが、2度目の映画主演となる16年の「壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ」まで8年もかかった。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」