五輪チケット「1枚も当たらない」「家族会議で相談」 当落さまざま

2020年東京五輪のチケット抽選当選結果が20日未明に発表された。公式販売サイトには「順番にご案内しております」と、100万人を超える待ち人数が表示され、5月の申し込み開始直後と同様につながりにくい状況に。「1枚も当たらないなんて」と落選に落胆する声も多い中、当選者たちは「世界最高峰の試合を楽しみたい」と声を弾ませた。

東京都武蔵野市の会社員、山中礼佳さん(28)は、夫婦2人で上限枚数である60枚分のチケットを申し込んだ。開会式や女子テニス準決勝など、申し込み段階のチケットの価格総額は114万円。抽選結果を見るために午前7時前にサイトにアクセスし、1時間半も待機。結果的に女子テニス準決勝、男子ハンドボール準決勝など6枚が当選、支払額は約12万円にも上った。

夫も男子ハンドボール準決勝が当選して重複したため、「友人たちと見に行く予定」と話す。女子テニス準決勝は「大坂なおみ選手を見てみたい」と期待を膨らませた。

小金井市に住む会社員(47)は家族5人、実家の父母2人の計7人で、全員の希望を聞き、申し込める枠の全てを利用して申し込んだ。

第2希望を含めると、総申し込み枚数は約300枚。申し込み段階のチケットの価格総額は約150万円に上った。開会式や閉会式は当選の確率を高めようと7人分全員が申し込み、他にも日本勢の活躍が期待されるバドミントンや卓球の決勝などのチケットも申し込んだ。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も