赤信号無視で反則切符拒否の男性、逆転有罪 最高裁

 赤信号を無視して交通反則切符を切られた際、警察官の不誠実な態度を理由に反則切符の受け取りを拒否したことが、道路交通法の受領拒否に当たるかどうかが争われた事件の上告審判決で、最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)は3日、受領拒否に当たるとの判断を示し、起訴を無効とした2審大阪高裁判決を破棄した。道交法違反罪に問われた不動産業の男性被告(63)=大阪府枚方市=を罰金9000円とした1審枚方簡裁判決が確定する。

 道交法では、違反者が反則切符の受領を拒否した場合、起訴できると規定。2審判決は「男性が切符を受け取らなかったのは警察官の不誠実な対応が一因。そのことを棚に上げ、刑事処分としたのは男性に対して酷であり、信義に反し無効」として1審判決を破棄し、裁判を打ち切る公訴棄却を言い渡していた。

 これに対して第1小法廷は、男性は警察官から反則切符の内容や制度について、きちんと説明を受けていたと指摘。その上で男性は「信号無視はしていない」と否認していたとして「警察官の不誠実な対応があったとしても、受領拒否に当たる」と結論づけた。

 判決によると、男性は平成27年7月、枚方市内で車を運転中、赤信号を無視したとしてパトカーに停止を求められた。男性は「黄色信号だった」と主張し、パトカーの車載カメラ映像の確認を要求したが受け入れられず、反則切符の受け取りを拒否したため現行犯逮捕され、起訴されていた。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」