「行方不明装い計画的」女性遺体遺棄、夫に懲役17年求刑

 昨年7月、千葉県柏市の弥谷麻衣子(やたに・まいこ)さん=当時(30)=の遺体が茨城県取手市の夫の実家で見つかった事件で、殺人罪などに問われた夫で元銀行員の鷹仁(たかひと)被告(37)と、殺人幇助罪などに問われた義母の恵美被告(64)の裁判員裁判の論告求刑公判が31日、千葉地裁(岡部豪裁判長)で開かれた。検察側は鷹仁被告に懲役17年、恵美被告に懲役6年を求刑した。

 検察側は論告で鷹仁被告について「被害者を殺害後、行方不明になったことを装うなど、犯行は計画的」と指摘。恵美被告も「遺体を埋める穴を掘る道具を購入するなど、鷹仁被告が殺害すると認識しながら、手助けした」と主張した。

 一方、最終弁論で鷹仁被告の弁護人は「事件前、麻衣子さんも鷹仁被告も精神的に不安定で、介護殺人と状況が似ている」と主張。恵美被告の弁護人は「被告は息子が殺人を犯すとは思っていなかった」として殺人幇助罪について無罪を主張した。

 意見陳述した麻衣子さんの母親は「2歳の麻衣子の娘は、遺影に『ママ』と呼びかけ、チュッとキスしている。孫の人生をめちゃくちゃにした2人を許せない」と語った。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」